2016年9月13日火曜日

関ケ原の戦がたった50秒!真田丸第36回の感想!

 各所でも話題になっていましたが、真田丸ので天下分け目の合戦は、たった50秒で終結ということでした。というよりも、描かれなかったとい言った方が適切ですね(^^;)。

 まずは、この回の重要な内容であるはずの第2次上田合戦。これもがっかりな内容でした。15年前に、第1次上田合戦で苦戦した徳川勢が、上田城にまともに戦を仕掛けないというシュチェーションで、小競り合いで終わってしまいました。

 それに輪をかけるような、あっさりとした関ケ原の戦の描写。父的には肩透かしな内容でした(-_-;)。


 世間的には三谷ワールドとの評判のようですが、単に制作予算がなかったのではないの?と父には疑わせる内容でした(-_-;)。


 なぜここまでがっかりしたかと言うと、以前NHKで放送し、草刈正雄さんが幸村を演じた「真田太平記」では、第2次上田合戦は真田軍の勝利がとても痛快に描かれていました。また、関ケ原の戦でも、真田昌幸が放った草のものが家康の命を狙うべく躍動するシーンがスリリングに描かれていて、とても印象深かったからです。

 見どころの多い「真田丸」でしたが、関ケ原の戦の描き方については、「真田太平記」に完敗との父的印象です。残念でした(-_-;)。


 ふと気づけば真田丸もあと14回。大阪夏の陣までどのようにつき進むのか?今後は肩透かしのないように期待したいです。

 頼んだぞ!三谷ワールド!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
真田太平記 完全版 第壱集 DVD-BOX 全6枚セット
価格:19440円(税込、送料無料) (2016/9/13時点)

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿