2014年4月24日木曜日

独眼竜政宗について思うこと!

 4月から、BSプレミアムで、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の再放送が始まったのをご存じでしたか?毎週土曜午後6時からです。1年かけての再放送なのでしょう。

 伊達政宗と言えば、米沢で誕生したこともあり、このドラマの前半も舞台は米沢です。また、山形城主の最上義光も名脇役として登場しているので、山形城のシーンもたびたび出てきます。

 実はスカパーでは何度か再放送されたので、私はそれを視聴していました。ただ、スカパー再放送を見ていて残念なことがありました。それは、この「独眼竜政宗」から始まった、オープニングテーマ前の「1分解説」のようなコーナーがカットされていたことです。

 ところがなんと今回のBSの再放送では、その「1分解説」がカットされることなく放映されていたのです。このコーナーには当時の山形・米沢や県内の様子が多数映し出されていた記憶があるので、本当に嬉しいです。

 また、うろ覚えですが、政宗、秀吉、家康の年齢差を、当時のプロ野球、清原、長島、王選手に例えた解説もあった記憶があります。それを見るのが今から楽しみです(^^;)。

 皆さんも時間があったらぜひ見て、または録画して見てください。

 思えばベガルタ仙台はある意味モンテの好敵手ですが、その仙台の基礎を築いた政宗がモンテ山形の米沢生まれというのもロマンを感じます(^^;)。

 みちのくダービーを近いうちにまた見てみたいです。やはり最後はモンテの話題ですね(^^;)。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿