2017年7月23日日曜日

今日決勝!全国高校野球山形県大会・2017

  モンテ大勝の朝、天気は悪いですが、気持ちは晴れ晴れですね(^^;)。

 さて、甲子園を目指した県予選もいよいよ本日決勝です。勝ち残ったのは日大山形と山形中央でした。昨日はチラチラとテレビやラジオを視聴して情報を得ていました。

 まずは日大山形と酒田南。実力校同士の好ゲームになりました。酒田南が先制、日大が逆転、酒南が同点に追いつく、そして日大が9回に決勝点という展開。

 両先発投手は、相手打線に捉えられてしまった感がありますが、打線や守備は両チームとも隙がないように見えました。さすが秋春2連覇中の日大と、昨秋東北大会ベスト4酒南の戦いでした。レベルの高い見応えのある試合でした。

 山形中央と山形城北は、城北のキャプテンが前日の試合で負傷し試合に出場できなくなったことがナインに影響を与えてしまったのか、山中の一方的な勝利になってしまいました。城北のキャプテンは、最後の打席に立ち、気迫でヒットを放ちました。そして片足で一塁まで走りました。こういったプレーはやはり感動ですね。

 さて、今日、日大と山中の決勝をテレビで見るのを楽しみにしていたのですが、残念ながら雨で順延になったようです。記事を打っている途中で判明しました(^^;)。

 でも、選手方にはよいコンディションでプレーしてほしいし、お陰で投手陣の休養にもなるでしょう。両チームのナインにはベストの状態で甲子園をめざしてほしいです。

 甲子園まであと1勝、がんばれ!日大 山中ナイン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2017年7月22日土曜日

今季的大勝で首位撃破!ホーム湘南戦!

 父 「かーーーーー!うまい!!!」

 先ほど帰宅し、風呂に入り、今ビールをいただきました。久しぶりの「勝利の美酒」、本当においしいです(@^^)/~~~。

 今、DAZNで見逃し配信をタブレットで見ながら、そしてパソコンで記事を打っています(もう一つの趣味は野菜づくり&それで漬物です ^^;  =IT&栽培)

 まずタイトルの「今季的」という言葉は無いのですが、徳島戦の敗戦を、「歴史的大敗」と記したので、今季初めて3点差をつけて勝ったので、「今季的大勝」にさせてもらいました(@^^)/~~~。

 さて今夜の試合。前半から、「とにかく行くぞ!」的な気持ちは見えました。モンテが攻めている時間帯が多かったように見えました。ただ、先の記事でも述べましたが、味方のクロスの精度が低かったり、湘南の守備に隙がなかったように見えたりしました。

 前半終了時点では、まさにどちらに試合が転ぶかわからない状況でした。

 後半も、結構モンテが攻めていたのですが、相変わらず精度がイマイチでした。

 しかし、そんなモンテが遂に均衡を破りました。クロスの精度を待つことなく、加賀選手が足元に来たボールをミドルシュート、それがゴールの隅にゴールイン!

 意表を疲れた感のゴールに、スタジアムの歓喜も0.5秒ぐらい遅れたかもしれません(^^;)。

 DAZNで越智さんが言っていたのですが、なんでそこにDFの加賀選手がいたかというと、相手FWのマークで前線まで上がってきていたようでした。

 つまり、相手FWのマークをしながらも、飛んできたチャンスボールを確実に決めたという加賀選手のゴールだったようです。

 モンテが前半からずっと攻め、後半に入っても攻め、その流れで得点が取れたことが大きかったと思います。

 1点リードしたことにより、さすがに湘南の攻撃のギアは上がったように思いましたが、モンテも守備オンリーになるわけでもなく、逆襲するシーンが多かったです。

 それが、2点目、3点目に繋がりました。

 サッカーって不思議ですよね。その試合の時点でリーグ最少失点のモンテが徳島に6失点。なんで相手のシュートがそんなに入るのか?と思いました。

 その逆が今夜のモンテの後半。確かにモンテ戦士の気迫もありましたが、リーグ最少失点の湘南が3試合無得点のモンテに45分で3失点。何でそんなに入るのか?と思いました。サッカーに詳しい方の解説を期待したいです(^^;)。

 そしてモンテは3-0で勝利を収めました(@^^)/~~~。


 しかし、今日のスタジアムは、まさに「モンテ夏祭り」の様相になりました。当然3ゴールが祭りの「主役」です。入場の際に配られた、「ハリセン」もその一躍を担いました。結構、音を出していましたから・・・。また、試合後の花火が「祭り」を際立てました(^O^)。

 4連敗の鬱憤をはらすには、まさに恰好の試合となりました。

 試合前、8位までの勝ち点差が3だったので、順位は何位まで上がったかと期待して見たら、なんと暫定13位(@_@)。混戦はまだまだ続きそうです。

 ただ、今日の勝利を自信に、反転攻勢してほしいです。やるしかない!頼んだぞ!モンテイレブン!


 追伸
 試合の終盤に、サッカー素人の家内が、

家 「あの、髪の長い人(佐藤選手 ^^;)、ずっと走っているよね!」

 と語っていました。素人目に見ても、今夜の佐藤選手の運動量はすごかったのだと思います(^^;)。今後の活躍も期待しています(^^;)。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

湘南戦・経過

    モンテディオが押し込んでいる時間帯も多かったので、スタジアムも結構沸きました。

   ただ冷静に見ると、モンテのクロスの精度がなかったり、湘南の守備に隙がなかったりと、得点のにおいがしなかったのも事実のように感じます。

    前半が0−0なので、試合がどちらに転ぶかわかりません。先制した方が勝ちそうです。

   なんとかモンテイレブンには勝ちを引き寄せてほしいです。

   観客は6千は超えたと思います。7千に届くか?

    大勢の観客の前で何としても勝利を!頼んだぞモンテイレブン!

湘南戦、試合前

  いや〜蒸し暑いです(^^ゞ。じっとしていても汗が出てきます。

  予報では、午後から一雨あるかと思っていましたが、結局降りませんでした。

  厳しいコンディションですが、選手方にはがんばってほしいです。

  観客は土曜日のナイターということもあってか、まずまずの出足のようです。

  湘南サポーターも2〜3百人はいるでしょうか?

  多くの観客の前で是非とも勝利を!やるしかない!頼んだぞモンテイレブン!

2017年7月21日金曜日

5連敗に沈むのか?連敗を阻止するのか?崖っぷち!明日ホーム湘南戦!

 明日、ホームで首位の湘南戦ですね。モンテは4連敗中。勝てば連敗阻止、負ければ連敗継続と、まさに明暗が分かれる勝負です。何としても、何としても勝利をあげてほしいです。

 湘南とは、数々の死闘を演じてきました。そんな中、父の記憶にあるホーム湘南戦はこの2試合。

 まずは、2004年6月のホーム湘南戦。当時の記事は・・・・・・こちら。

 なんと秋葉選手のJ初ゴールの試合でした。13年前ですか?思いの外、最近ですね(^^;)。

 そして、もう一試合は、2008年のホーム湘南戦。当時の記事は・・・・こちら。

 モンテが初のJ1昇格を果たすシーズンなのですが、背後から迫る湘南をホームで撃破する素晴らしい一戦でした。渡辺匠選手の劇的ゴール、今でも記憶に留めています(^^;)。

 このように、湘南とは数々の死闘を演じてきました。

 明日の試合、湘南は首位、モンテは4連敗で迎えます。圧倒的不利な状況での一戦ですが、やるしかありません。

 明日はすでにチケットをだいぶ前に購入していて、家内と参戦です。18時キックオフなので、帰宅は22時近いと思います。帰りの運転が憂鬱にならないことを祈ります。

 是非勝利を!やるしかない!頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2017年7月20日木曜日

ベスト4決まる!全国高校野球・山形県大会!

 先週、表記の大会が開幕し、ベスト4の予想をしました。今夜はその結果と今後の展望です(^^;)。

 まず、先週の記事でも語ったように、シード校が実力を発揮し、シード校8校のうち、7校がベスト8に進みました。敗れた今春ベスト4・第6シードの鶴岡東も、敗れた相手が山形中央と実力校でした。

 ということで、今日の準々決勝は、実力校同士の戦いとなりました。

 A、Bブロックは、私の予想通り、日大山形、酒田南が快勝し、ベスト4に進みました。実力通りの結果と見ます。

 Cブロックは、3回戦で鶴岡東を撃破した山形中央が、そのまま第2シードの羽黒も破り、ベスト4に進出しました。山形中央は今大会ノーシードなのですが、これで8年連続ベスト4だそうです。

 夏に合わせた調整がうまいのだと思います。スコアは6-2なので、山形中央の快勝と言ってよいでしょう。羽黒は実力を出せなかったのでしょうか?

 Dブロックは、これも私の予想通り、九里学園と山形城北のシード校勢の戦いになりました。ただ、私は九里の勝利を予想したのですが、城北が初回に5点をあげ、そのまま九里を押し切り、コールド勝ちを収めました。

 やはり、九里は昨日延長戦までもつれこんだ疲れが出たのでしょうか?勝負の綾ですかね~(^^;)。

 これでベスト4は、日大山形、酒田南、山形中央、山形城北になりました。山形城北は初のベスト4だそうです。

 さぁ、この4校からどこが甲子園に行くのか?難しですが予想します(^^;)。

 やはり昨秋、今春の2冠の日大山形と言いたいです。が、日大山形は準決勝で対戦する酒田南に結構弱いのです。昨年も敗れているはずです。実力なら日大山形、相性なら酒田南とまったく予想がつきません(^^;)。

 片方の山形中央は、ノーシードから勝ち上がり、勢いがあると共に昨夏も決勝進出と経験豊富です。城北は初のベスト4ながら、過去3試合は全てコールド勝ちと、とにかく打線が活発です。シード校ながらも初のベスト4と、こちらも勢いがあります。

 この4校から優勝校を予想するのは、非常に難しいです。父的には、やはり期待もこめて、「日大山形」と言いたいです。

 昨秋、今春を制覇しているわけですから、やはり3冠を達成してほしいです。そして4年前?の、甲子園ベスト4の壁を破ってほしいです。

 準決勝は明後日、全力プレーに期待です。やるしかない!がんばれ!県高校球児!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング