2018年6月11日月曜日

粘勝千葉戦、今夜の報道から!

 まずはNHK山形のsm。ってそれよりも、やまがたニュース845に「なまらナイト」の柴田アナがMCで出ていたのですが、山形局に戻ったのでしょうか(^^;)?

 すぐにNHK山形のHP見てみたのですが、アナウンサーのページには載っていませんでした。更新がまだなのか、一時的な山形局での登板なのか、真相が知りたいです(^^;)。

 で、sm。今夜は中谷アナがなぜかお休みで、小野アナと岩内キャスの掛け合いでした。いつものように先発の確認。リーグ戦前節より山田選手と栗山選手が変わって、この二人は天皇杯にフル出場したことも紹介されました。

 そして映像による試合の振り返り。阪野選手のインタビューがはさまれていて、CKの際、阪野選手がいた位置が空くことがスカウティングでわかっていたことが紹介されました。そこに三鬼選手がよいボールを蹴り、阪野選手が決めたとの流れ。

 その後、FKからの2得点目、そして相手FWの得点と流れていました。冷っとしたオフサイドゴールのシーンは、オフサイドになった選手を矢印入りで放映してくれました。

 そして最近行っているピックアップ選手は、三鬼選手でした。コメントでプロ7年目と言いながら、表示が6年目になっていたことについては、後で訂正が入りました(^^;)。

 そして順位表の確認。中谷アナがいなくても、1枚目の順位表になったと、小野アナがしっかり語ってくれました。そして甲府戦の告知でコーナーは終わりになりました。

 
 続いてYTSのMOS。「モンテから簡単に得点できるチームはない」と番組が語ってから、天皇杯も含め毎試合失点(なんと計6失点)をしているモンテをどう分析するのか注目しました(^^;)。

 2得点1失点シーンをなんと40秒余りにまとめて放映しました。そしてその後、ボール支配率の提示、

 M 「山形 28%  千葉 72% 」

 の表示。

 父 「んだったなーーー?生観戦ではそれほどに感じなかったけれど・・・。」

 M 「ボールを持ったのは千葉、しかし、主導権を握ったのはモンテディオでした。」

 ということで、映像でモンテ選手が相手のDFによいプレッシャーをかけ、ボールを回させているシーンが映し出されました。

 アナ 「支配率が低いモンテが逆にゲームを支配していたのですね。」

 的なコメントで、このデータを分析していました。アナも言っていましたが、奥深い感じでした(^^;)。

 そして次節の告知でコーナーは終わりになりました。さすが応援宣言。独自の分析・解説ありがとうございました(^^;)。

 やはり勝利の報道はよいです。来週も甲府を撃破して勝利の報道を期待したいです。

 やるしかない!頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿