2018年5月31日木曜日

ネガテイブ論調多数?サッカーW杯メンバー発表!

 今日、ロシアサッカーW杯の日本代表のメンバーが発表されましたね。帰宅してから、ぼちぼちネットで記事を読みました。

 昨夜の完敗もあり、若手3人が選考漏れだったたこともあり、結構ネガティブな記事が出ているようでした・・・・。

 そんな中、ピックアップするのが、サカダイwebの記事・・・。

 サ 「5月31日に日本代表の西野朗監督はロシア・ワールドカップに臨む最終登録メンバー23名を発表。ガーナ戦の26名から井手口陽介、浅野拓磨、三竿健斗の3名が選外となり、結果的に期待されていた中島翔哉、久保裕也、堂安律らヤングタレントの抜擢登用はなかった。一方で本田圭佑、香川真司、岡崎慎司ら経験と実績が確かな面々が多くエントリーを果たし、重用された印象が強い。

 目下、日本サッカー協会の公式ツイッターには続々とファンやサポーターの意見が書き込まれている。大半は選考に不満を示すもので、前日のガーナ戦での低調なチームパフォーマンスもあいまって、批判が殺到しているのだ。いくつかの投稿を紹介しておこう。」

 父 「ほーーー、選考に不満を示すツイッターか?どれどれ?」

 サ 「「昨日の結果見て中島選ばないとかおかしいだろ。勘弁してくれよ」
「一勝もできないで帰ってくるね。メンバー最悪だよ。見る気あったのに失せたわ」
「このマンネリ感。全盛期過ぎた選手ばかり。ハリルさんで良かったやん」
「若手で有望かつ実績と実力がある選手を選ばない日本サッカー界に未来などない!」
「スポンサーに配慮した“忖度ジャパン”」
「まぁ、そもそもが周りが代表に期待しすぎ。昨日の試合も力通りの結果。強いという幻想があるから落胆してしまう」
「え、全くワクワクしない。ガーナ戦、結果出せなかったのに…なんだか期待できません」
「10代の若い選手は? 将来のためにも」
「年功序列かい!」
「サッカー協会とサポーターの溝は深いです」
「いまの日本代表には感動はない! 初めてW杯が楽しみでない」
「勢いあるメンバー選んで負けたら納得できるけど! これじゃあ、何も変わらない」
「結果出してる選手が選ばれないのはどうかと思う」
「ロシアまでわざわざ卒業旅行ですか?」
「トゥーロンにもA代表にも選ばれてない堂安は何」
「30歳超えが8人か。オールドジャパン」

 父 「んんんんーーーー、どれも納得だな~(^^;)。」

 サ 「・・・・西野監督と選ばれし23戦士は、日本サッカーの命運を託されたのだ。最良の結果を求め、全力を尽くしてもらうほかない。」

 父 「まさにその通りだごでね~。ここまでは、けっして順風ではないが、予選リーグを勝つことで、評価も変わるべ!」

 ネガテイブな意見は結果で黙らせるしかないしょう。

 このメンバーで、何としても最悪ベスト16に進んでほしいです。やるしかない!頼んだぞ!日本代表!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿