2018年4月23日月曜日

力負け松本戦!今夜の報道から!180423

 まずはNHK山形のsm。いつものように先発メンバーの確認。前節と変わっていないことが告知されました。

 続いてDAZN映像による試合の振り返り。今夜も岩内キャス語録から(^^;)。

 岩 「モンテディオはここ2試合。立ち上がりに主導権を握って2連勝。しかしこの日は相手のスピードに翻弄され、いきなりピンチとなります。」

 岩 「20分過ぎには相手の攻撃を止められず、最後はファール。」

 岩 「そのFKから。1度は跳ね返しますが、サイドに開いたこの選手を誰もマークしていませんでした。」

 岩 「余裕を持ってクロスを上げられてしまいました。先制点を奪われます。」

 父 「そうかーーー、失点シーンはマークのミスがあったんだな~。」

 岩 「今シーズン、逆転勝ちがないモンテディオにとっては、痛い失点でした。」

 岩 「モンテディオは前半の失点を跳ね返せず、3試合ぶりの黒星です。」

 その後監督のインタビュー。中谷アナと岩内キャスの掛け合い。そして順位表の確認。自動昇格やPO圏内と差が開きつつあるとのコメント。そしと次節の告知で終了となりました。


 続いてYTSのMOS。画面にすでに、

 M 「3連勝ならず」

 の見出しが出ていました(-_-;)。そして映像による試合の振り返り。失点シーンを中心に、なんとなんと30秒余りにまとめての編集。

 父 「いくら何でも短すぎっぺしたーーーー(@_@)!」

 確かに負け試合の報道など見たくもないわけですが、しかし30秒とは稀にみる短さです(^^;)。

 父 「MOSのこと、この後独自視点からの解説があるんだろうけど・・・・。」

 MOSの構成からして、応援する方に力を入れていて、何か解説してくるのだろうと期待していました。

 ここでやはりデータの登場。

 M 「1~5節は、8得点11失点。6~10節は、3得点2失点」

 守備重視にしたため、失点は大きく減ったが、得点も減ったとのコメント。そして、この守備をベースにしながら、どう得点を取るのか課題と指摘。

 そして二人の選手が可能性を見せてくれたと映像入りで解説してくれました。

 まずは小林選手のカットインシュートのシーンを映し、

 アナ 「チャンスがない中では、ドリブルで突破するのも一つの選択肢でしょうね。」

 父 「おーーー、昨夜の記事で父も記したことじゃないですか(^O^)。」

 アナ 「ルーキー北川は、一人かわしにいってシュート、こういったドリブラーのしかけ、期待したいです。」

 父 「そうみんな思っているよね。負けてるのに、DFラインでボール回してだんでは、観戦するのもつらい。ドリブラーの果敢な攻め、いいじゃないですか!」

 その後栃木戦の告知でコーナーは終了になりました。

 負けの報道はやはり辛いもの。次節はなんとか勝利してもらって勝利の報道を期待したいです。やるしかない!頼んだぞ!モンテイレブン!


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2 件のコメント:

  1. 力負け、全くそのとおり。
    でも28日は参戦します。
    バックスタンドかな。
    栃木から勝ち点3ゲットしなければ、ブーイングがくるでしょう。
    頑張っただけでは、ダメダメだよ。

    返信削除
  2.  読者さん、こんばんは~。栃木戦の生応援ありがとうございます。父は珍しく仕事なので参戦不可です。

     是非スタジアムの皆さんで、モンテを勝利に導いてくださいね(^^;)!

    返信削除