2018年3月26日月曜日

日大山形!モンテ!今夜の報道から!

 そりゃ、今日の県内メディアは、新聞だってテレビだって、モンテと日大の話題を扱いますよね(^^;)。

 でもやはり36年振りの日大山形の方が毎週のモンテの報道より大きかったように感じました(^^;)。


 まずはYTSのMOS。日大山形の話題が先でした。だからMOSではなく、スポーツコーナーですね(^^;)。見出しは、

 見 「強豪・智弁学園に惜敗・夏への収穫つかむ」

 でした。まずは試合前の監督、主将へのインタビュー。そしてなんと佐藤アナ直々の甲子園取材のようでした。

 映像による試合の振り返り。タイムリーヒットに合わせて、4番渡部選手のお父様のインタビュー等もありました(^^)/。

 その後、失点シーン、得点シーン等が映し出され、試合終了の場面となりました。

 清 「ヒットの数は同じでも残塁10が響き、4大会連続の選抜勝利はなりませんでした。」

 父 「昨日の結果を一文で如実に表している。さすはYTS。」

 その後、監督、主将のインタビューの様子。負けたのは残念したが、善戦した日大ナインの活躍をよくまとめてくれました。


 続いてモンテ。まずはここまでの5試合の結果、8得点11失点であることが紹介さいれました。見出しは、

 見 「東京ヴェルディとスコアレスドロー 0対0に隠された守備の狙い。」

 でした。まずはDAZN映像による試合の振り返り。守備に比重を置いていて、相手ボールを無理に奪いにいかないシーンが解説されていました。

 清 「本来は相手DFが持ったときには、プレッシャーをかけるのが、チームコンセプトですが、行きません。」

 と相手DF陣からボールを奪おうとしないシーンが映像で紹介されました。

 清 「その分、人の感覚を狭くしたコンパクトな守備組織を作ります。」

 モンテがいかに守備的に戦い、ワンチャンスをものにする作戦だったかを解説してくれました。

 そして監督のインタビューで終わりになりました。とにかく完封を狙った試合だったことがよくわかりました。


 続いてNHK山形。これも、日大山形、モンテの順で報道。コメントは当然sm担当の岩内キャスによる試合報道。
 
 まずは日大の試合。映像による試合の振り返り。NHKなので当然ですが、テレビ映像の編集でした。そして試合後の佐藤投手、斎藤主将のインタビューでした。

 強豪相手に善戦したが、惜しくも敗戦という論調でした。

 続いてモンテ。DAZN映像による試合の振り返り。

 問題のオフサイドの解説もありました。映像を止めて、シュートを打った選手がオフサイドの位置にあったことが告知されました。そしてモンテの問題シーン。

 岩 「阪野の3試合連続ゴールは幻となりました。」

 とのコメント・・・・。

 後半の映像は、後半攻めるも得点できない的な印象を与える編集でした。

 岩 「・・・・最後は阪野、揺らしたのはサイドネットでした。」

 岩内キャスらしい、がっかりさせるコメントも多数ありました(^O^)。

 アナ 「モンテディオは勝ち点1を得ましたが、順位は2つ下がって17位となりました。」

 順位の確認では、モンテの順位が下がっていることが確認されました。一般県民の方は、今年のモンテは弱いと思っているのではないでししょか?残念です。

 今週は日大とモンテと報道が重なりました。2勝ではなく、1分1敗は非常に残念です。いつか、2勝するような記事を記したいものです。

 その日のためにやるしかない!頼んだぞ!モンテイレブン!県高校球児!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿