2018年2月15日木曜日

今日の山新モンテ記事に対する感想!

 今日の山新、もちろん五輪でメダルを取った選手方の記事がでかでかとスポーツ面に出ていましたが、我らがモンテの記事もありました(^^;)。

 山 「【モンテ】目指す形へ「もう一息」 千葉キャンプ・韓国2部城南と練習試合」

 父 「あーーー、昨日の城南とのTGを取材したんだーーー。」

 サポファン県民には内容が気になるところ。さすが山新、取材してくれたのですね(^^;)。

 山 「前後半ともに4―3―3のシステムで戦った。前半は相手に押し込まれる展開が続いたが決定機は与えなかった。後半はDF陣を入れ替えて臨んだ。攻撃面では好機が少なく、シュートも枠を捉えきれず無得点に終わった。」

 父 「なんだーーー、昨季の課題を受け、得点力アップを図っているはずなのに、攻撃は低調だったんがーーー(-_-;)。」

 山 「約10日後の今季開幕戦を見据え、選考の意味合いも含んだ練習試合。昨季から大幅な入れ替えがあったものの、1カ月のキャンプを経て、後方からボールをつなぐ「ビルドアップ」のスタイルは徐々に浸透している。」

 父 「チームの戦うスタイルの意思統一は、図られつつあるんだごでね。」

 山 「昨季主力のFW瀬沼優司ら複数選手が調整のため欠場し、練習生が加わったメンバー編成。相手の激しい詰めに苦戦したが、ボールを簡単に失わない姿勢は見せた。」

 父 「苦しみながらもDFは体をはって守ったんだべが?瀬沼選手、何したな?」

 山 「特に後半の終盤、MF中村駿とMF安西海斗が中盤に入ると攻めのテンポが上がり、今季目指す一定の形ができた。」

 父 「めざす形が共通理解され、その形が見ているというのは心強いごでね~。」

 山 「一方でDF栗山直樹は「(プレスを)まともに受けてしまったところがある」と振り返り、対戦相手によっては、つなぐだけでなく、長めのパスを盛り込むなど、めりはりも必要になりそうだ。」

 父 「対戦相手に合ったプレーというのは必要だべ。そういうプレーができるチームになってほしいごでねーーー。」

 山 「前線からのプレスの連動性はまだ手探り状態で、決定機を増やすといった大きな課題もあるが、主将のDF山田拓巳は「日に日に良くなっている。もう一息」とチーム状況を語った。」

 父 「ちょとーーー、格下相手のTGではでに点を取って、特にフェリペ選手の補強は当たりか!なんてネットでも話題になっていたのに、その攻撃が、「手探り状態」「決定機を増やすのが課題」なんて言葉を山新記者に使わっちゃしたーーーー!攻撃はよっぽど道半ばなんだがしたーーー(^^;)?」

 木 「もっと仕掛けなくては。 守備陣は失点せず、耐えてくれた。(攻撃陣は)もっと自分たちから仕掛けていかなくてはいけない。つなぎの面がうまくいかなかった。得点を取るためにも、好機をもっと増やしていきたい。」

 父 「監督も攻撃に関しては、うまくいかなかったと思ってたんだしたーーー!」

 父 「得点力不足がわかってて、補強して、キャンプして間もなく開幕で、未だに攻撃はうまくいってないながーーー?どうなるんだ、いったい!」

 山新の記事の論調に一抹の不安を感じる父でした・・・・(^^; 完)。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿