2017年8月22日火曜日

大河ドラマ 女城主直虎 第33回の感想

 いや~、センセーショナルな結末でしたね。直虎(柴崎コウ)が、政次(高橋一生)をやりで処刑してしまうという結末でした。

 ドラマとしてはおもしろいのですが、やはりドラマなのでしょう。脚本家がどんなストーリでも描けてしまうという感じです。直虎紀行によれば、政次が処刑されたのは、史実のようですが?それにこのような脚色を加えるとは・・・。さすがプロの脚本家は違いますね(^^;)。

 もともと歴史的にはマイナーな主人公とその周辺が登場人物なので、かえっていろいろな脚色ができるのだろうなと思います。残り15回ほどですが、期待したいです。

 井伊直政役の菅田将暉さんはいつから登場になるんですかね~?。

 追伸
 この33回のサブタイトルは、「嫌われ政次の一生」でした。「嫌われ政次のいっしょう」と読むのでしょうが、もしかしたら「嫌われ政次のいっせい」とも読めたのでしょうか?つまり、一生(いっしょう)を高橋一生さんの(一生)とかけた?ということです(^^;)。この回で高橋一生さんの出番が終わったのでそう思いました。

 えっ?深読み?そうですかね~(^^;)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
おんな城主直虎(後編) NHK大河ドラマ・ストーリー
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿