2017年2月6日月曜日

SAY・今夕のモンテ情報から!

 今朝、出がけに新聞のテレビ欄を見ると、

 父 「何々?初のJチームとの練習試合・SAY、そうか、さくらんぼテレビでキャンプリポートをしてくれるのか!」

 ということで、録画予約して出かけ、先ほど帰宅して見ました。

 内容は、前半は監督や選手のインタビュー、そして練習風景の映像を交えたキャンプリポートでした。そして後半は、昨日の藤枝との練習試合の映像でした。

 キャンプリポートでは、他局でも紹介された、プールや神社の石段での練習の様子も出ました。また、砂丘?も走っていたという新たな事実も報道されました(^^;)。

 父 「おいおい、静岡に砂丘があったのかーーー(^^;)。」

 それらのフィジカルトレーニングに対して監督は、

 監 「(体力トレーニングについては、)海も行ったし、山も階段も昇ったし、あとは空くらいじゃないか。」

 と語り、コーチ陣と

 監 「パラグラーダーで根性つける練習するか。」

 と話し笑っていたそうです。おみそれしました。


 そして、1次キャンプのテーマはフィジカル強化だけではなく、「戦術」の浸透もあったそうです。

 父 「そうだよね。やはり選手も多数入れ替わったし、監督も変わったんだから、監督がめざすサッカーを選手方に浸透させるのは急務だよね。1次キャンプから取り入れてもらってよかったと思うよ。」

 攻守ともアグレッシブに戦うのは昨季の石崎監督の戦術とは変わらないわけですが、そんな中でも昨季との違いを越智さんが登場して解説してくださいました。

 越 「今季の3-4-3-1は、昨季の出だしのフォーメーションとは変わらないが、大きく違うのは、中盤から選手がDFまで下りてきて、DFの3人が攻撃時に大きく開く。」

 のだそうです。素人の父にはよくわからないのですが(^^;)、

 アナ 「J1の浦和や広島がとる戦術で、ピッチを広く使い、最終ラインからも効果的な攻撃を狙う。」

 戦術なのだそうです。ぜひ、完成度を高めてほしいですね。


 そして、昨日の藤枝との様子が映像で流れました。OHPでは出ていませんでしたが、1本目のスタメンは、後ろから、児玉、加賀、菅沼、石川、風間、本田、鈴木、高木、瀬沼、汰木、阪野だったようです。

 父 「はーーー、昨年とはまるっきり違うチームだね(^^;)。」

 まさに新生モンテを痛感する瞬間でした。

 そして先制の阪野選手のゴールシーンを見せていただいたのですが、決定機にループぎみの落ち着いたシュートでした。さらに8点のうちの、鈴木選手のクロスがオウンゴールを生んだシーンと汰木選手のゴールシーンが出ました。

 そして最後に木山監督のインタビューで、

 監 「1次キャンプに関しては、自分がイメージしたところは、ほぼクリアできている。」

 と力強く語ってくれました。そして本田選手のインタビュー。本田選手も手ごたえを感じているような発言でした。


 そしてチームは明後日から、千葉県の市原市で2次キャンプが始まることが告知され、コーナーは終わりました。

 キャンプリポートは地元メディアの取材編集だけに、もちろんモンテのキャンプが順調なように報道してくださるわけですが、本当に実力がついていくキャンプであることを期待するばかりです。いよいよ2次キャンプです。さらなるレベルアップを!頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿