2016年9月29日木曜日

佐平次登場?真田丸・第38回の感想!

 第38回の真田丸は、草刈・昌幸が逝くストーリーでした。

 ここで父的に感動したのが、なんと木之元亮さんが、九度山の村の村長として登場したことです。

 
 木之元亮さんと言えば、私にとっては、太陽にほえろ!のロッキー刑事でしたが、その後、「真田太平記」に出演しました。役どころは、草刈・幸村の一の家臣、向井佐平次です。

 もちろん、架空の人物でしょうが、佐助の父親にして、幸村に忠誠をつくし、共に大阪の陣で果てる役です。

 草刈・昌幸が逝く回で、この木之元亮さんが村長役として出演したのは(二人が対面するシーンンもありました)、偶然ではなく、意図的だったと見ました(^^;)。


 どのたか、この辺りについて詳しい方、解説していただきたいです(^^;)。ネットで少し調べたのですが、話題になったのか?ならないのか?よくわかりませんでした。

 長年、NHKの大河ドラマや水曜大型時代劇を見たお陰で、瞬時に浮かび上がる思い。長い間生きたのだなとも思います・・・・・(^^;)。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿