2016年8月8日月曜日

攻守に手痛いミスで敗戦?残念・鶴岡東!

 今日は夏休みをもらって、自宅で鶴岡東の試合を観戦していました。

 攻守に手痛いミスが出て初戦敗戦となりました。父的には相手に負けたというより、自分に負けたとか、自滅とかそんな総評な感じな試合でした。


 まずは守備、内野が失点に繋がるエラーを複数出してしまいました。やはり全国大会ではミスをしてしまったら見逃してもらえません。せっかく2点先制したのに、エラーがらみで逆転までもっていかれてしまったのは、本当に悔いが残ります。

 そして攻撃。送りバントを3回だか失敗しました。盗塁憤死もありました。自らチャンスの芽を摘んでしまいました。

 そして最終回、3点リードされて、1アウト満塁というチャンスが回ってきて、鶴岡東はクリーンアップを迎えました。

 ここで3番の選手は粘って四球を選んで押し出し。2点差で鶴岡東は4番打者です。まさに願ってもないチャンス。

 しかしなんと初球を引っ掛けて内野ゴロダブルプレーで試合終了です。相手ピッチャーは満塁で四球を出し、精神的に追い詰められていたはずなので、もっとじっくり攻めてほしい場面でした。こちらの4番も精神的に追い詰められていたのでしょう・・・・。


 これらに対し、相手の守備陣はダブルプレー等も何度か取る軽快な守備。攻撃も送りバントを使わない積極的な打撃でした。自分達の野球をたんたんとやった感じです。

 いかに普段通りの力を出すか?そこが一番難しいのでしょう。鶴岡東には2年生もたくさんいます。ぜひこの敗戦を生かして来春の選抜、夏の甲子園をめざしてほしいです。がんばれ!鶴岡東ナイン! 

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿