2016年5月31日火曜日

春季東北地区高校野球山形県大会2016・その2

 野球ネタ。

 先日も表記の大会について述べましたが、先の土日に、準決勝、3位決定戦、決勝が行われました。

 決勝は、東海大山形と酒田南のカードになり、両校とも東北大会の出場権を得ました。試合は、東海大山形が先制するも、中盤から終盤にかけて酒田南が追いつき、逆転したという感じで、11-7で勝利しました。酒田南は昨秋に引き続きの優勝で、2冠になります。

 酒田南は優勝までの4試合をすべて2桁得点で勝利しました。その打線の破壊力は脅威です。東北大会でどこまで通用するか期待です。

 東海大山形も粘勝が続きました。接戦を制することで、一試合一試合成長した感じです。東北大会でも粘り強い戦いを期待です。

そして第3代表を決める3位決定戦は、私の予想をはずし、九里学園が勝利しました(^^;)。うまく鶴岡東のパワーをそらしての勝利のようでした。同じような戦い方が東北大会でできるか期待です。

 大会はその試合ごとのスコアを見ると大量点が入る大味な試合が多かったようです。山新でも言っていましたが、打高投低の傾向があったようです。

 全国の強豪をねじ伏せる投手力も期待ですが、夏の大会ですので、暑さの中で相手を粉砕する攻撃力も必要でしょう。

 東北大会は6月9日から。どこまで通用するかはわかりませんが、県勢ナインの活躍を期待でいたです。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿