2016年3月20日日曜日

1万人のサポファン県民を敗者へ!醜敗ホーム開幕C大阪戦!

 さっさとNDスタを後にして、先ほど帰宅しました。しかし終了間際のあの時間帯に失点し、敗戦しますかね。

 しかも得点を決めたのが元モンテの、途中出場の田代選手。試合内容ではなく、無得点、そして終了間際や田代選手にやられるという、サポファン県民を一番がっかりさせる展開での敗戦でした。それで、「醜敗」という言葉を使わせていただきました。寒いスタンドがますます寒くなりました。

 せっかく1万2千人の観客が入ったのに、勝利はおろか、ゴールシーンすら見せてもらえませんでした。こういう試合で勝つことが一番の営業効果でしょうに、こんな負け方では、

 「もうしばらくは生観戦はいいよ。」

 と思いたくなる方も多いのではないでしょうか。父的にも、これでは来週の清水戦は、敗戦のリスクを避けてスカパー観戦にしようかと考えてしまっています。トホホホ・・・・ですね。


 これで開幕4戦で勝ち点わずかに2。C大阪とは10も開いてしまいました。J1復帰どころか、うかうかしているとJ2残留争いに巻き込まれそうな戦績です。

 一番がっかりしているのが失点パターン。4戦すべて後半に失点しています。しかも、途中出場選手やシステムを変えるなど、相手監督の采配に見事にやられている印象です。石崎監督の采配はすべて裏目に出ているような印象を受けます。どうなんでしょう?

 自分達のレベルをもう一回見直してきちんと修正してほしいです。そうでないと、手遅れになってしまいそうです。

 今日は録画した試合も、他試合の結果も見る気になりません。このまま悔しい気持ちをおさめたいと思います。


 写真は大阪ファンに応える田代選手。この悔しさを胸に刻んでおきましょう。


記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2 件のコメント:

  1. るーともんて2016年3月20日 23:23

    どうもこんばんは。今日は自身も少し早めにNDスタジアムに行き、モンテディオをゴール裏で応援しました。今期のホーム開幕戦ということもあり、試合開始前から熱気に包まれていた感じでした。観客数も12,600人ほど入り、試合終盤までは、モンテディオの選手が体を張って気持ちを見せていたのが伝わっていました。しかし、試合終了間際に、元モンテの田代有三選手に決められ、試合終了後の多くのサポーターの失望感みたいなものが、結構印象的でした。
    唯、昇格第一候補のチームに互角の戦いが出来たことは、次に繋がる可能性もあると思います。次の試合は、監督が元モンテディオの監督のこれまた強豪の清水相手ですが、今日の悔しさを忘れずに、多くのサポーターにも勝ちに行く気持ちが、はっきりと伝わるような試合を見てみたいです。

    返信削除
  2.  るーともんてさん、おはようございます。本当に試合後は落胆の空気が流れていた感じでしたね。試合内容いくらよくなってきても、結果が伴わなければ価値はありあせん。清水戦での奮起を期待したいですね。

    返信削除