2016年1月17日日曜日

不完全燃焼か?全国都道府県対抗女子駅伝2016

 この大会は、このブログで毎年記事で扱っています。(^^;)。

 今年は、昨年の24位という成績を受け、さらにステップアップできるか期待して見ていました。しかし、期待の1区、SY21協会の田中選手がまさかの39位と出遅れました。昨年の1区の選手も46位、一昨年も32位と出遅れています。駅伝は序盤の流れが重要と言われているので、ここ数年同じ課題を残しているといっても過言ではない状況です(-_-;)。

 しかし、この後のメンバーががんばりました。特に中学生の2人は区間14位、16位と快走を見せ、他の多くの選手も20位台の区間順位でがんばりました。アンカーにつないだ時点で26位まで巻き返しました。

 これまたしかし、アンカーの森選手が区間38位のブレーキ?結局順位を31位に落としフィニッシュしました。ただ、タイムは昨年を25秒上回り、2時間22分0秒だったようです。

 若手が粘り強く走るもトップとアンカーが失速という総括になるでしょうか?コンデイションをピークにもっていくのが大変なのかなと感じました。

 ここ十数年の記録は、4位→3位→11位→18位→31位→14位→23位→30位→14位→21位→32位→24位→31位です。まぁ、順位がめまぐるしく変わる昨今ですが、過去に3位、4位もある県勢女子。また来年は今季を上回る成績を期待したいです。

 がんばれ!県勢陸上選手!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿