2015年11月19日木曜日

あまりにもお粗末!侍ジャパン!

 野球ネタ。

 別に見ていたわけではありませんが、大谷選手が快投し、韓国打線を封じ、3点取ってリードしているという情報もあったので、勝つところぐらいは見ようかと思ってチャンネルを番組に合わせました。

 9回表の韓国の攻撃が始まると、あれよあれよとヒットや死球でたちまち逆転されてしまいました。

 そして9回裏は中田選手にこそヒットがで出ましたが、得点なく試合終了。


 予選からここまで無敗で準決勝に臨み、この試合も大谷投手が終盤まで韓国打線をヒット1本におさえ圧倒しました。でも、最後の最後にリリーフ陣が3点差を守れず逆転されてまさかの敗戦。

 たらればですが、大谷投手続投ならそのまま軽く勝っていたんでしょう?

 もちろん、大谷投手だけに負担をかけず、チームジャパンで勝利というのは当然の作戦でしょうが、ここまでお粗末な試合結末を見せられると、予選から今までの試合が何だったの?大谷投手の快投は何なの?ってことになってしまいます。

 選手方の甘さ、首脳陣の甘さが最後に出たといったところでしょうか?

 韓国国内は痛快な逆転勝利にさぞ盛り上がっていることでしょう(-_-;)。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿