2015年11月28日土曜日

モンテもいつか・チャンピオンシップ準決勝の感想

 別にずっと見ていたわけではありませんが、テレビでCSの様子を時折見ていました。

 昨年までなかったこのシリーズですが、やはりいいですね。浦和・G大阪両軍の覇気、サポの熱気が本当に伝わってくるようでした。こういう決戦の場を設けるのはやはりよいことなのかもしれません。

 モンテがこんな場に立つには、やはりサポファン人口や資金面でまだまだなんだろうなと思いつつも、昨年の千葉とのPO決勝も似たような雰囲気だったなと感じました(^^;)


 試合は後半終了間際の浦和選手のヘディングシュートが相手GKに阻止され決まらず、そして延長後半にG選手のゴール決まるという劇的なものになりました。


 実況は、「リーグ戦年間3位のガンバ大阪が」を連呼していました(^^;)。昨年のPOで、「リーグ戦6位からのモンテディオ」と何度も聞いたフレーズです(^^;)。

 年間順位で2位と3位の、ビッククラブ同士の浦和VSG大阪の試合に、そこまで連呼する必要はないのでしょうが、番組演出的にはそうなってしまうのでしょう(^^;)。

 勝利インタビューで、遠藤選手も、「年間3位の我々は失うものは何もない」的なことを語っていたのですが、ビッククラブのガンバが 「年間3位」と謙る必要もないと感じていました・・・(^^;)。

 明日はJ2のPO準決勝ですね。来季モンテと試合をしないチームはどこなのか?こちらも時折見守りたいと思います。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿