2015年10月13日火曜日

モンテ・不覚は厳禁!明日天応杯藤枝戦!

 昨夜の記事で、高校野球ネタではアクセス数が伸びない話をしたのですが、昨夜はモンテの話題であったためか、アクセス数は持ち直して、200余りになりました(^^;)。ブログ村ランキングも3位復活です(^^;)。

 やはりモンテあっての本ブログですし、それだけモンテの話題を望んでいらっしゃる方が多いという表れなのだろうといことを再認識しました(^^;)。


 さて、明日は天皇杯3回戦の藤枝戦ですね。てっきり清水とのJ1戦となるかと思っていたのですが、その清水が藤枝に苦敗・・・・。J1とJ3という、2カテゴリー差の試合となります。

 せっかくですので、またネットでメディアのプレビューを探してみました。Jリーグ.JPでプレビューを扱ってくれていました。

 J 「2回戦で清水に大逆転勝利を収めた藤枝は、再びジャイアントキリングを起こせるか。その可能性も十分にあるという意味で、注目される一戦だ。」

 父 「んだな~?可能性が十分なんだ(@_@)!なして?相手はJ3だべした!」

 J 「なぜなら、J1で年間勝点17位に沈む山形は、週末に勝点9差で11位の甲府との対決を控えており、そこに全力を注ぎたい状況。一方、藤枝は、直近のJ3第33節の盛岡戦でメンバーを半分以上入れ替え、2-1で逆転勝ち。連敗街道から脱出し、体力的にも精神的にもいい状態で天皇杯に臨めるからだ。」

 父 「そうかーーー?モンテがサブ組で、藤枝はベストメンバーなら試合の行方はわからないってことか!」

 J 「まず注目されるのは、山形の陣容。もしも先発総入れ替えに近い状況となれば、メンバーを落とした清水に互角以上の戦いを演じた藤枝の勝機は増す。」

 父 「ちょっと、取材記者、それは考えが甘いべ!今季のモンテは、連勝どころか勝利がないため、いろいろな選手が試されたんぜ!だから。モンテはサブ組が中心でも、さして戦力ダウンは無いんだぜ!わっかてないな~(^^;)。」
 
 J 「戦い方に関しては、藤枝は最終ラインを高く保って前から激しくプレスを掛けていく自分たちのスタイルを変えることなく、真っ向勝負を挑むはず。それに対して山形は、J1のプライドで受けて立つのか、結果を優先して堅い守備をベースに相手の隙をうかがう戦いを見せるのか。それによっても試合展開や結果は大きく変わるだろう。」

 父 「ちょっと、取材記者、今年のモンテは、「堅い守備をベースに相手の隙をうかがう戦い」なんて、あんまりしてないんだぜ!んだがら玉砕して勝ち点が伸びてないいだぜ!そんな戦いしてたら、もっと勝ち点積み上げていたよ!」

 父 「明日は、そんな心配することもなく、モンテが攻撃的に出て、適当に先制して、中押し点も奪って、できればだめ押し点も取って快勝だと思うよ!そんな成長した姿を見せられると思うよ。」

 ということで、誰が先発しようとも、モンテには、明日はJ1チームとして、そして熾烈な残留争いを演じている主役として、その実力を見せつけて、3-0ぐらいで勝利してくれると信じています。清水のように、不覚をとったなんてことは、許されません!

 強さを見せつけろ!頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿