2015年6月20日土曜日

降格圏内脱出はならず!完敗・大敗・醜敗!アウェー広島戦!

 いや~、完敗過ぎる完敗でしたね。まさに、J1・2位のチームとJ2・6位からの挑戦チームの実力差といった感じでしょうか?

 昨日の記事で、粘り強い守備を期待したのですが、それが1-5の、守備が崩壊・粉砕されての大敗。言葉もありません・・・(-_-;)。

 モンテはこのミニ中断期間、ミニキャンプをはりました。ソニー仙台戦も大勝し、怪我人も戻ってきて、関係者・サポ・ファンがみんなが、「さぁ、これから!」と思っていたはずです。

 それで臨んだ試合で大敗。降格圏内を脱出できず、みんなが自信をなくす試合となってしまいました・・・・(-_-;)。

 今日の試合、システムが同じミラーゲームとのことでしたが、前線の選手の動きがまるっきり違いました。相手1トップの佐藤選手は前線に居座り、DFラインと駆け引きしながらシュートチャンスを虎視眈々と狙っていました。

 しかしモンテのFW陣は、守備もしなくてはならず、ピッチを縦横無尽に奮戦しました。

 そんな中での、縦パス1本からの佐藤選手の先制ゴール。モンテDF陣だってわかっていたでしょうけど、それを止めることができませんでした。まさに格の違い、決定力の差、実力の差を見せつけられた瞬間でした。あの先制、佐藤選手の200ゴールで、結果的には勝負ありの今日の試合だったと思います。

 佐藤選手もそうですが、鳥栖の豊田選手、甲府のバレー選手等、やはりストライカーがいないとなかなかJ1リーグでは勝てないのかとあらためて思い知らせれました・・・・。

 しかし、モンテは相手が連敗中とか、監督がかわったとか、200ゴールとかそいういシュチエーションに弱いですね(-_-;)。

 えっ?全体的に弱い?そうですよね。J2・6位からの挑戦なんですから・・・・・(-_-;)。モンテにとっては、皆格上チームの対戦。負けて当たり前の前提で応援するしかないというのをもう一度肝に銘じましょう。

 
 さて、これでファーストステージでの勝ち点20は物理的に消滅しました。よって順位も降格圏内のままです。

 茨の道が続きます。今日の大敗からどうチームを立て直していくのか?選手・スタッフ。フロントに頼るばかりです。

 ファーストステージ最終戦で降格圏内脱出を!頼んだぞ!モンテイレブン!
 

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿