2015年5月23日土曜日

これが実力?一発に沈んだ神戸戦!

 終始押しぎみに試合を進め、ほとんど危ない場面もなかったのに、たった1発のCKからの失点でジエンド。本当に見ている観客も、そしてやっている選手達も、たぶん一番がっかりくる試合内容だったのではないでしょうか(-_-;)。試合終了のホイッスルとともにシーンとなったスタジアムがそれを物語っていました。

 相手の倍放ったったモンテのシュートはことごとくはずれたり、相手選手に当たったり、GKの好セーブが出たりで空砲。それに対し神戸は、少ないチャンスを確実にものにしました。勝利の神様は神戸に微笑んだのでしょうか?

 そんな比論理的なことではなく、モンテに決定力がない。ただそれだけなんでしょう。選手を責めるつもりはありませんが、林選手が2度の決定機を決めていたら違った結果になったかもしれません。

 終盤、豊田選手の一発にやられた鳥栖戦と同じような内容と感じました。

 でも、J2・6位からの挑戦、降格候補ナンバー1のモンテに、そんな決定力がないのは当然のことなのかもしれません。

 今の実力を現実と受け入れ、とにかく選手方の成長に期待するしかないのでしょう。


 今日、この後の試合結果にもよりますが、降格圏内再突入はかなり濃厚になってしまいました。監督の残留のための目標は勝ち点40。ファーストステージで半分の20と考えると、残りは4試合です。名古屋やガンバ、鹿島、広島など強敵を残し、かなり厳しい目標数値になってきました。

 目標は残留。勝ち点40を取るために、どうやって勝ち点を拾っていくのか?監督の手腕に期待し、選手の奮起を期待するのみです。

 強い気持ちで戦い続けるしかありません。頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿