2015年4月29日水曜日

FW陣、ようやく点火!アウエー清水戦!

 誰もが敗戦を覚悟した残り5分からの同点劇。しかもようやくここにきてのFW陣の3連発で、何とか清水相手にドローに持ち込みました。

 1失点目は前節を思わせるようなFKからの失点。修正という言葉はモンテにないのでしょうか?と思わせるようなきれいな失点でした。2点目も完全にマークを振り切られてのクロス、そしてシュートでした。3失点目は、微妙でしたが、オフサイドの判定でもおかしくないようなプレーからの失点になりました。

 誰もがここで終わったと思ったでしょうし、その3点目が微妙な判定だったので、不満もたまりました。

 後半、なかなか点が取れなかったのですが、ようやく林選手は決めてくれたと思ったらこれがオフサイドの判定。林選手のこのプレーがオフサイドなら、先の3失点目も十分オフサイドでよいと思いました。

 しかし、そんな副審の微妙な判定がドラマにつながります。モンテはその後、残り5分+アディショナルタイムで3点をあげて追いつきます。

 1得点目は、高木選手のシュートが素晴らしかったです。こぼれ玉をディエゴ選手が、まさに重戦車の勢いで体ごとゴールに向かいました。2得点目はCKのボールを萬代選手が枠内に軌道を変え、中島選手が足を伸ばして伸ばして蹴ったシュートでした。中島選手の執念を感じました。

 そして同点弾。ここまで精度のないクロスも結構多かったのですが、最後の最後に高木選手が林選手がドンピシャのクロスをあげてくれました。林選手はここしかないという、GKとポストの間にヘェディングシュートをたたき込みました。

 この3得点は、アシストもシュートも見事で、本当にきれいなゴールとなりました。今まで2得点だったのに、10分足らずで3点をあげました。決まる時は決まる。そんなもんなのでしょう。

 しかし、3点差を追いついたのですから、本当に価値ある同点、勝ち点1となりました。

 残留争いのライバルから勝利できなかったのは残念ですが、清水との勝ち点差が広がってしまうことは阻止できました。また、3得点も今後の自信に繋がります。

 私的に、0-3から、3-3に追いついたことは、次のホームマリノス戦の観客動員+1000人ぐらいの宣伝効果はあるのではないかと思います。

 そんな意味からも本当に勝ちある同点劇でした。

 中2日でまた試合はやってきます。休んでいる暇はありません。次の試合に向けてよい調整をしてほしいです。頼んだぞ!モンテイレブン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2 件のコメント:

  1. 本当に昨年を思い出させる奇跡、山形総力戦、我々は諦めない!

    返信削除
  2. M.Kさん、こんばんは~。本当に総力戦ですよね。しっかり応援していきましょう!

    返信削除