2014年10月4日土曜日

連勝どころか醜敗!シュートが枠にとばない!岐阜戦!

 今日も試合終了とともに、チャンネルを変えました。いやはや本当に情けない試合でしたね。

 前半はシュート数で6-2ぐらいだったのが、終わってみればほぼ同じでした。失点した時間帯は足が止まって押し込まれている時間帯でした。

 おおざっぱに言えば、運動量が維持できずに負けたというところでしょうか?まぁ確かにモンテの平均年齢は高い方だと思うので、本当に体力的に限界なのかもしれません。

 しかし、がっくりさせられるのは、シュートの枠にとばないこととばないこと。確かに相手のプレッシャーもあるでしょうが、それにしてもひどすぎないですか?

 相手のゴールもモンテDFと競りながらでしたが、絶妙なところにとばしてのゴールでした。

 相手のシュートは枠内への絶妙な弾道、モンテのシュートは枠外への絶妙な弾道なので、ふと見ると、モンテは「持ってないな~」なんて、神懸かり的なことを思ってしまいます。

 でも、そうじゃないですよね。実力ですよね。確かモンテは総シュート数はリーグの中でも上位の方ですが、枠内率は下位の方なんですよね。

 結局のところ、シュートの精度が上がらないまま、シーズンの終盤を迎え、それが勝ちきれない要因となっているのでしょう。残り7試合で、大幅な改善は見込めないでしょう。


 大分が勝ったため、6位との差は、残り7試合で5。もう崖っぷちといっても過言ではないでしょう。

クロスやシュートの精度は低い、愛媛、栃木、岐阜など下位チームにも勝てないでは、今後何に期待すればよいのいでしょうか。

 深まる秋に虚しさを感じる今日の試合でした・・・・。

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿