2014年7月24日木曜日

ノーシードからの栄冠!山形県代表は山形中央!

 当然仕事ですので、試合はいっさい見ていません。夕方になって、ネットで確認しました。

 父 「あーー、山形中央か?えっ?9回に5点取って逆転?どんな試合展開だったんだべが?酒田南の相沢投手はもう一人で投げ抜いてきたから、最後の最後に力尽きたという構図だべが?」

 帰宅し、午後9時前にローカルニュースの報道で、試合のダイジェストを見ました。

 先発は両校エースの相沢、石川投手のようでした。

 試合は酒田南が初回と6回に得点し、2-0でリードした状況で9回表の山形中央の最後の攻撃に・・・・・・。

 山形中央が9回に逆転した結果は知っているのですが、得点の経過は当然知らなかったので、興味を持って見させていただきました(^^;)。

 先頭バッターが2塁打で出塁したようです。ヒットで出塁は、これは当然当たり前にあるパターンなので、酒田南から見ればしょうがないでしょう。

 山中の次のバッターがピッチャーゴロ。2塁ランナーが飛び出したので、ピッチャーはサードに送球し、二塁三塁間で相手ランナーをさす挟殺プレーになりました。当然の選択でしょう。

 しかし、ここで酒田南にまさかのまさかのミス。送球がそれていまい、ワンアウト2塁になるはずが、結局ノーアウト2・3塁のピンチになっていまいました。

 その後、相沢投手は1アウトをとったものの、昨日2本塁打の4番青木選手にサード強襲のヒットを打たれ、2-2の同点に追いつかれてしまいました・・・・。

 その後はもう、山形中央に流れが一気に傾き、この回一挙5点という結果になり、勝負が決したという感じになったようです。


 相手を仕留めたピッチャーゴロから一転ミスが出てピンチに。3年間、練習に練習を重ねてきて、なぜそこで、なぜそこで致命的ミスが出てしまうのか(-_-;)?

 結局酒田南は昨年準決勝で敗れた日大山形にリベンジを果たすも、決勝で敗れ、甲子園には行けませんでした。そうなるとリベンジの意義も薄らいでしまいます・・・・・。

 父 「高校野球の結末って、本当に時には非情だよな。」

 そう思うのが精一杯の父でした。

 
 失礼ですが、ベスト4のメンツを見た時に、まさかノーシードの山形中央が代表になるとは思ってもみませんでした。しかし、羽黒、鶴岡東、酒田南と過去の甲子園出場校を撃破しての優勝も事実です。

 ただ、昨年の選抜大会では1勝したとはいえ、4年前の初出場の歳は、試合を作れなかったという経験もあります。

 山形中央には、さらに練習に精進し、山形県の代表として、昨年の日大山形のように、ぜひ全国で勝ち進む戦い振りを見せてほしいです。頼んだぞ!山形中央ナイン!

記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿