2013年5月27日月曜日

京都戦、今夜の報道から130527

 逆転負けの試合なので、余り見たくなかったのですが、毎週予約録画しているので見ました。

 まずはNHK。いつものような内容でした。伊藤アナのコメントで印象に残ったものをあげると、

 アナ 「石井選手がこの位置で(ボールを)奪われる痛恨のミス。」

 アナ 「モンテディオ、ショックの大きい逆転負けです。」

 最後に監督のインタビュー。

 監 「タフなチームづくり、タフな選手づくりをめざしてトレーニングを・・・・・。」

 父 「これがらフィジカルづくりするな?もう夏場だぜはーーーー。」

 そして波田野記者の登場。伊藤アナに敗因を聞かれると、

 波 「一言で言うと体力負け」

 と語り、前半後半の映像を出し、前線からのプレスがかからなくなったことを示していました。最後に千葉を紹介して終わりになりました。

 続いてMOS。こちらもいつもと同じような感じでした。小出アナのコメントは、

 アナ 「わずか7分ほどで、勝ち点3が勝ち点0に。まさかの逆転負けを許したモンテディオ。順位は9位から12位に後退です」。

 続いて監督のインタビュー。

 監 「フィジカルコンディションを整え向上させることを両立させて・・・・・」

 その後中島選手のインタビューで終了となりました。


 そしてもう一つ。実は先日の土曜日仕事だったので、今日休みだったんですよ。午後1時ごろたまたま車でYBCのラジオを聞いていたのですが、なんと瀬田さんがスタジオ入りして昨日のモンテの試合について解説してくださっていました。山形に一泊したんですかね(^^;)。YBC情報ナビより長い時間語ってくれました。

 いろいろ語ってくれていましたが、

 瀬 「足をつる選手が多いのにびっくりした。フィジカルが弱いのか?と思った。」

 的なことを言っていました・・・・・。

 結局モンテ敗戦の要因は、「フィジカルが弱かった!」ということなんでしょうか?

 小林監督時代、財前選手が、

 財 「こんなきついキャンプ初めてだーーー。」

 的なことをインタビューで語っていたような記憶があります。小林監督は選手の力量を見極め、このチームでJ1に行くには、ハードワークして堅守カウンターにするしかないと悟ったと思います。

 しかし奥野監督はどうなんでしょう?今さらタフなチームづくりって?やはり技術のレベルの高い選手しか見ていない鹿島のコーチには、J2レベルの戦い方が見えていないのではないかと疑念が沸くばかりです。

 奥野監督はいいですよ。モンテを踏み台にして次のキャリアがあるでしょうから。現横浜M監督の樋ぐっつあんも、モンテ時代の成績は惨たんたるものだったのに、大宮、横浜Mの監督と、キャリアをステップアップしていきましたから。

 奥野監督は鹿島の監督なら名将になれるかもしれません。でも、モンテを本当にJ1に導けるのか?昨年続投させたことさえびっくりだったのに、フロントはいったいどう考えているのか?来季の株式会社化が念頭にあり、今季はどうでもよくなったのか?

 選手交代に迷いを感じている(今朝の山新記事より)ようでは、もはや任せられないのではないかと思うのですが・・・・・。
 
記事がよったらクリック<(_ _)> にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へM山形ブログランキング

2 件のコメント:

  1. おしんウオッチャ-弟子2013年5月28日 23:36

    ペトロヴィッチから悔しまぎれに
    「今日のゲームはサッカーではない。」
    と言わしめた小林采配。
    1点とれば勝てる。
    どん引きとかさんざん言われたが
    私はこのつまんねーと酷評されたスタイルは好きだった。
    耐え忍ぶおしんのように見えたのだ。

    返信削除
  2.  弟子さん、こんばんは。そうですよね。当時のモンテのゲームプランは無失点に抑え、とにかく90分で1点取るでした。実際それができたからこそ、3年間J1で戦えたんですよね。本当に堅守でした。

     奥野さんは、そんな小林監督の財産を早々に無にしましたが、だからといって自分が目指しているサッカーができてるわけでもないんですよね。奥野監督には、今いるメンツでできるサッカーに切り替えてほしいです。無理でしょうけれど・・・・。

    返信削除